その他

沖縄限定コーヒー 35COFFEE「J.F.Kブレンド」の感想

投稿日:


今回の記事では沖縄限定で生産されている35COFFEEの「J.F.Kブレンド」の紹介。

35COFFEEは先日沖縄旅行に行った際に発見したコーヒーブランドで、風化したサンゴを使ってコーヒーを焙煎しているらしい。
何やらおもしろそうだったので、即買い。

この記事で「35COFFEE」というブランドについてと、サンゴで焙煎した「J.K.Fブレンド」について紹介していく。

35COFFEEについて


35COFFEEは「未来へ。つなげる思い。」をコンセプトにしている沖縄のブランド。

地球温暖化などによって失われつつある沖縄の海(サンゴ)を未来へつなぐため、「サンゴ再生プロジェクト」に取り組んでいる。

この「サンゴ再生プロジェクト」は35COFFEEの売り上げ3.5%をベビーサンゴの移植に使う活動で、毎日飲む一杯のコーヒーからエココンシャスなライフスタイルを提案している。

35COFFEEは現在沖縄県内に20店舗ほどあり、コーヒーやコーヒー豆の販売、またハイビスカスティーの販売も行っている。

サンゴ焙煎について


35COFFEEの最大の特徴はコーヒー豆を風化したサンゴを使用して焙煎していること。これを「サンゴ焙煎」という。

風化した骨格サンゴを200度以上まで温めてコーヒー豆をじっくりと焼き上げる。
そうすることでコーヒー本来のまろやかな味を楽しめるとHPでは紹介されている。

サンゴを使用して熱を伝えるのと他の熱源で熱するのとではどのように味が変わるのか、またサンゴを使用することでどうしてまろやかになるのか、は残念ながら化学の専門家ではない僕にはわからない。

しかし、少なくとも沖縄県外へのサンゴの持ち出しが禁止されている以上「沖縄以外では生産できないコーヒー」というのは間違いない。

焙煎についてはこちら

コーヒーの焙煎について そもそも焙煎って何?

沖縄のサンゴの持ち出し禁止について


ちなみに、なぜ死んだサンゴでも持ち出してはいけないかについても少し気になったので調べてみた。

ざっくり言うと、

  • 国有財産だから
  • みんなが持ち帰るとものすごい速度で減っていき、地形が変わる可能性があるから

といった理由らしい。

沖縄に限らず浜辺に落ちているものは、明らかなゴミ以外無断で持ち帰らない方がよさそうだ。

公式情報

J.F.K BLEND
沖縄限定発売
【サンゴ焙煎コーヒー】

コロンビア豆をベースにブラジル、インドネシアの豆をブレンドしたコーヒーです。

甘い香りが特徴で飲みやすく、コクのあるマイルドな味わい。
ホットコーヒー、カフェラテにお勧めです。

35COFFEEからは「アイランドブレンド」と今回紹介する「J.F.Kブレンド」が発売されている。

ちなみにJ.F.KはJapan Faith kindnessの略で「日本の誠実さや思いやり・優しさ」を意味しており、沖縄に来る海外からのお客様にそんな「日本の心」も一緒に持って帰って欲しいとの想いがあるそう。

感想


苦味:1 out of 5 stars
酸味:2 out of 5 stars
コク:2 out of 5 stars

苦味、酸味、コク共に突出したものがなく、バランスがいいコーヒー。

コーヒー豆の見た目から苦味やコクがあまりないのはなんとなく想像がついたが、酸味もそこまで強くなかったのは予想外。

苦味も酸味も強くないのでとても飲みやすいコーヒーだが、反面大きな特徴がないので、普段段濃いめのコーヒーや鮮やかな酸味を持つコーヒーを飲んでいる方には物足りないコーヒーかもしれない。

ただ本当に飲みやすいコーヒーなので、時間帯やシチュエーションを選ばずに飲めるのは非常にありがたい。

総評:いつでも飲めるバランスの良いコーヒー

まとめ

  • 「35COFFEE」は沖縄の自然を未来へつなぐブランド
  • 最大の特徴はコーヒー豆をサンゴで焙煎しているところ
  • J.F.Kブレンドは非常に飲みやすいコーヒー
  • 浜辺のサンゴは持ち帰らないこと

-その他
-, , ,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.