コーヒー器具

キャンプに便利なコーヒー器具 パーコレーターの使い方

投稿日:


皆さんは「パーコレーター」というコーヒー器具を知っているだろうか。
おすぎも林家も関係ない、「パーコレーター」である。

この器具は日本ではほとんど馴染みがない器具で、持っている方はもちろん見たことがある方もそう多くはないはず。たまに東急ハンズやロフトで見かけるかな程度のコーヒー器具だ。

今回の記事では、ちょっとマイナーだけど便利なコーヒー器具「パーコーレータ」を紹介していく。
キャンプでインスタント以外のコーヒーが飲みたいという方にはぜひおすすめだ。

パーコレーターってどんな器具?

パーコレーターは19世紀前半にフランスで考案されたコーヒー器具。

詳しい使い方は次の章で説明するが、ざっくり言うと「水と粗めに挽いたコーヒー豆を器具に入れて火にくべる」だけ。とても単純で使いやすい上に器具自体が頑丈ということで、西部開拓時代のアメリカで普及した。
ちなみに、「西部劇」といって通じる大学生が少ないことに僕は驚いた。

パーコレーターの利点は、濃い目から薄めまで「味の調節がしやすい」という点。火にくべる時間を長くすれば濃い目に、短くすれば薄めに、ととても簡単に調節することができる。
それと「頑丈で壊れにくい」も重要な利点。

反面、「味が安定しない」という点がパーコレーターの欠点。
火力や火にくべる時間が変わるだけでコーヒーの味が変わるため、毎回安定した味を求める方にはおすすめできない。

それと「繊細な味は出しにくい」というのもこの器具の欠点。
抽出中も加熱しつづけるため、抽出したコーヒー成分の劣化も起こってしまう。
そのためコーヒーの味で勝負するカフェや喫茶店でパーコレーターを見かけることはまずない。

ただ、「簡単で淹れやすい」「後片付けも簡単」「頑丈で壊れにくい」という点がキャンプやバーベキューなどの屋外でよく使われる大きな理由。
ちなみに、コーヒーを淹れない時もやかんとして使えるのでかなり便利。

「細かい味は気にしない!とにかく頑丈で簡単にコーヒーができる器具がいい!」
みたいなフロンティア精神溢れる方におすすめの器具だ。

パーコレーターの使い方

器具を準備


 

中身はこんな感じ。

手順1:水を入れる


コーヒーの粉10gに対し、180mlの水を器具本体に入れる

手順2:コーヒー豆を入れる


粗挽きのコーヒーの粉をバスケットに入れ、器具本体にセット

手順3:蓋をする

手順4:火にくべる

 

手順5:待つ

 

上の窓からコーヒーの液体の色を見て、色がついたら火から下ろす
 
手順はたった5つ。
キャンプやバーベキューの場合はガスコンロや炭火など、水が沸騰する場所に置けばOK。
 

そんなに高くない

楽天やamazonを見て貰えばわかると思うが、価格もそこまで高くはない。
小さいサイズでブランドにもこだわらなければ¥3,000くらいで購入可能。

アウトドアで使うやかんを1つ買うと思えば安いものかもしれない。

まとめ

  • パーコレーターというコーヒー器具がある
  • アメリカ西部開拓時代に使われていた
  • 使い方は簡単で、あまり味にこだわらないワイルドな人向け

-コーヒー器具
-, , , ,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.