コーヒーと企業

スターバックス の 「Starbucks Rewards™️」について簡単にまとめてみる 後編

更新日:


スターバックスには「リワード」(Starbucks Rewards™️)というシステムがある。
これは昨年の9月頃に導入されたシステムで、このシステムに登録しているとコーヒーのおかわりが108円になったり、チケットがもらえたりとかなりお得。

僕はよくスターバックスでコーヒー豆を購入するのだが、いつのまにかけっこうな数のStar(ポイントのようなもの)が貯まっている。貯まったStarでさらにコーヒー豆を購入することができるので、かなりこのシステムはありがたい。

ただ、残念ながらこのリワードのシステムはかなりわかりにくい。システムをうまく活用できていない方もたくさんいるのではないかと思う。

そこで、この記事ではスターバックスのリワードについて簡単にまとめてみる。後編ではStarの貯め方や、Rewards eTicketの使い方について紹介。
Starbucks Rewards™️(以下リワード)を上手く活用し、ぜひお得にスターバックスを利用しよう。

前編はこちら

スターバックス の 「Starbucks Rewards™️」について簡単にまとめてみた 前編

Star

Starはリワードに登録する最もわかりやすいメリットで、リワードに登録してスターバックスでお買い物をすると貯まっていくポイントのようなもの。
これを集めることによってRewards eTicketと交換でき、このeTicketを使ってスターバックスでお得にお買い物ができるようになる。

そもそもStarとは

Starはいわゆるポイントのようなもので、Webに登録したスターバックスカードからお会計を行うとそのWebアカウントごとに貯まっていく。

このStarはスターバックスカード毎に貯まるものではなく、Web会員毎に貯まっていくのがポイントのひとつ。複数のスターバックスカードをWebに登録している場合、どのカードでお支払いをしてもその会員のStarとして合算されて貯まっていく。

Starは税抜き50円毎のお買い物につき1つもらえる。ありがたいことに、50円未満の端数についてもしっかりとStarに計算してくれるようで、Starはなんと小数点第21位レベルで貯めることができる。
※ただし、各メンバー画面に表示されるスターの数は小数点第1位まで。

Starが貯まる対象は以下の商品。

  • 全国のスターバックス店舗の全商品(アルコール飲料、One More Coffeeを含む)
  • Starbucks eGift(公式ホームページまたは公式アプリ)
  • コーヒーセミナー

商品はもちろんのこと、eGiftの購入やコーヒーセミナーの受講でも貯まるのが嬉しい。

Starが貯まるとどうなるの?

Starはある一定以上貯まると700円(税抜き)と引き換えできるRewards eTicketと交換することができる。
Rewards eTicketについては次章で詳しく説明するが、スターバックスで700円はかなり夢が膨らむ。

それではいったいStarをどのくらい貯めればeTicketと交換できるのか、ここから少し複雑なのでなるべくわかりやすく説明していく。わからない方は挙手で知らせてほしい。

まずは箇条書きでシステムを説明すると、

  1. リワードシステムに登録すると、Green Starを集めることになる
  2. Green Starを250個貯めると、Gold Starを集めることができるようになる
  3. Gold Starを150個貯めるとRewards eTicketを1個もらえる
  4. 以後、Gold Starを150個貯める毎にRewards eTicketを1枚もらえる

ということ。挙手の気配を感じる。

なるべく簡略化して書くと、

  • リワード登録後、20000円分(50円 × 400Star)お買い物をするとeTicketを1枚もらえる
  • 以降、7500円お買い物毎にeTicket1枚もらえる

という感じ。

ちなみに、Gold Starを集め始めてから1年以内に250個Star集める(12500円分買い物する)と翌年もGold Star集めから開始することができる。
1年以内に集めることができないと、またGreen Starから集め直しなようなので注意が必要。

Rewards eTicket

それでは、Starを集めるともらえるRewards eTicketについて。

Rewards eTicketはGold Star150個と交換できるクーポンで、対象商品700円(税抜き)以内と交換することができる。
700円を超える商品でも、差額を支払えば交換することができる。

このチケットはお釣りが出ない上、発行のタイミングを間違うと期限切れになってしまう可能性があるので注意が必要だ。

Rewards eTicketは何に使えるの?

Rewards eTicketの対象商品は以下の3種類で、タンブラーやコーヒー器具などに使用することはできない。

  • ドリンク
  • フード
  • コーヒー豆

Rewards eTicketの有効期限の考え方

Rewards eTicketの有効期限を考える際、以下2つの期限を考える必要がある。

  • Gold Starの有効期限
  • Rewards eTicketの有効期限
Gold Starの有効期限

Gold Starは取得してから1年間で失効。期限はスターバックスアプリやスターバックスHPのマイページから確認することができる。


アプリのトップ画面にあるStarの数の下の「もっと見る」ボタンを押すとこの画面が出てくる。

Rewards eTicketの有効期限

Rewards eTicketは発行から1ヶ月で失効する。eTicketの期限はチケット自体に書いてあるので、そちらを見てみよう。

そこで、最も有効期限を伸ばすには、
「Gold Starの有効期限切れ直前までeTicketを発行せずに持っておき、Gold Starの有効期限が切れそうになったらRewards eTicketを発行する」
といった使い方になる。
Rewards eTicket発行前の有効期限は長いので切れる心配はあまりないのだが、間違って発行してしまった場合は必ず1ヶ月以内に使うようにしよう。

Rewards eTicketのお得な使い方


スターバックスで700円税抜きはかなり大きい金額で、フードやドリンクを普通に買ってしまうと全額使い切ることはかなり難しい。
そこで、700円使い切れる方法をいくつか紹介していく。

期間限定ドリンク(フラペチーノ)をカスタムして購入する

期間限定のフラペチーノは大体600円中盤くらいの値段設定なので、そこに豆乳変更やショット追加などのカスタムをすれば700円にかなり近い値段を叩き出すことができる。

特に期間限定のプリンやらゼリーやら果肉やらと固形を追加できるカスタマイズは+100円のものが多いのでおすすめ。

通常のコーヒー豆を250g購入する

コーヒー豆は250g購入で1200円前後するので、こちらは差額を払えばチケットを余すことなく使うことができる。
僕はもっぱらこの方法でコーヒー豆を購入している。

ただし、バラ売りの場合100g単位でしかチケットが使えないようで、100gだと500円くらいになってしまい少し損をしてしまうので注意が必要。

リザーブコーヒーを飲む

スターバックスには「リザーブ」と呼ばれる希少なコーヒー豆を置いている店舗がある。
コーヒーによって値段は異なるが、1杯700円を超えるコーヒーもあるので、少し贅沢をしたいときはぜひリザーブコーヒーを注文してみよう。

リザーブのコーヒー豆を買う

「リザーブ」コーヒーを置いているお店ではコーヒー豆の販売もしていて、高価格なコーヒー豆を購入することができる。
リザーブのコーヒー豆は100gで700円を超えてくるものも多いので、コーヒー豆が少量だけほしいという方はリザーブのお店でコーヒー豆を購入しよう。

リザーブについてはこちら

もうすぐロースタリーもできるよ! スターバックス リザーブ®︎についてご紹介

まとめ

  • リワードは期限に気をつけよう
  • Starの期限は1年、eTicketにすると1ヶ月しか持たない
  • eTicketは700円と交換できるので、なるべく高いものと引き換えよう

-コーヒーと企業
-, , ,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.