コーヒー豆の感想

カルディではあまり見ないコスタリカ産のコーヒー豆 「カルディコーヒー サンチュリオプロジェクト コスタリカ」の感想

更新日:

今回の記事ではカルディーコーヒーファームが発売している「サンチュリオプロジェクト コスタリカ」の感想を書いていきたいと思います。

カルディコーヒーでは「コーヒーの旅」というプロジェクトを行なっているようで、今回のコスタリカのコーヒー豆は第7弾!
低価格帯が多いカルディコーヒーの中でも、高価格帯に入るこのプロジェクトのコーヒー、どんな味がするか楽しみです!

公式情報 


名称:サンチュリオプロジェクト コスタリカ
生豆生産国名:コスタリカ共和国

酸味:  酸味  ・・★・・・・・・・ 苦味
ボディ: ライト    ・・★・    フル
煎り:  浅煎り  ・・★・・・・   深煎り

良質な産地として名高いタラス地区、トレス・ミラグロス農園。
チェリー、オレンジ、ストロベリー。
多様で鮮やかな果実の酸味あふれるコーヒーです。

カルディコーヒーファーム公式ホームページより

ちなみに、サンチュリオ(Santuario)は、英語でサンクチュアリ、日本語で「聖域」という意味らしいです。
ラテンアメリカでは地名や駅名としても使われているらしいですよ!

感想


まずは全体的な印象から。

このコーヒーはコーヒー豆の色から想像がつくように、かなりさっぱりめなコーヒーが仕上がります。

重さやコクはほとんどなく、かわりにレモンを思わせるような柑橘系の酸味をもっていて、かなり飲みやすいコーヒーが仕上がります。
このあたりの酸味の特徴はラテンアメリカの水洗式の特徴がよくでてるな、と思います。

朝方や胃が重いときなど、あまり強くない(重くない)コーヒーが飲みたいときにすごくおすすめです。
もちろんあっさりめなコーヒーが好きな方にもすごくおすすめで、レモン系のお菓子と一緒に楽しんでいただければと思います。。

それでは、コーヒー器具ごとの感想を書いていきます。

ペーパーフィルター


今回の器具の中ではさっぱりめに仕上がるペーパーフィルター!
この器具で抽出すると、レモンを思わせる酸味が際立つコーヒーに仕上がりました。

ただ、酸味があるコーヒーが本当に苦手という方は少し敬遠する味かもしれません。
かなり上質な酸味なので、僕はかなり好きな味ですが笑

美味しい酸味、美味しくない酸味についてはこちらの記事で触れていますので、ご参考にしていただければ!

コーヒーの酸味は2種類ある? 美味しい酸味と美味しくない酸味の違い

ソロフィルター


ソロフィルターで淹れた場合もこのコーヒー豆は酸味が際立ちます。
実はそこまで舌に自信のない僕は正直ペーパーフィルターとの違いがわからず笑

ただ、口に入れたときに感じるフレーバーにナッツを思わせる甘みを少し感じます。
とはいえ、やはりさっぱり感が特徴のコーヒーに仕上がります。

ソロフィルターについてはこちらから

おすすめのコーヒー器具 スターバックスのソロフィルターがすごく便利で美味しい!


 

コーヒープレス


今回、一番美味しいと感じたのがこのコーヒープレス。
ペーパーフィルター、ソロフィルター同様、酸味をしっかりと味わえるのですが、2つの器具と違ったところは甘みを感じるところです。

ソロフィルターで少し感じたナッツ系の甘みがコーヒープレスだととても強く感じます。
レモン系のさっぱり感を感じたあとにナッツ系の甘みのある香りを感じる、とても魅力的なコーヒーに仕上がります。

多少の重みも出てくるので、レモンやオレンジのタルトなどと相性がかなりよいのでは!と思いました。

コーヒープレスについてはこちらから

コーヒープレスの勧め 〜コーヒー豆本来の味を楽しめる素晴らしい器具〜

 

まとめ


さて、今回の記事ではカルディコーヒーファームより発売されている「サンチュリオプロジェクト コスタリカ」の感想を書きましたがいかがでしょうか。

かなり酸味が際立つコーヒーなので好き嫌いが別れるコーヒーかもしれませんが、レモンのような柑橘系フルーツを感じさせる上質な酸味だったので、僕はとても美味しくいただきました。
さっぱりめなコーヒーが好きな方、レモンタルトなどのさっぱりめのお菓子が好きな方はぜひ試してみてはいかがでしょうか!

-コーヒー豆の感想
-, , , ,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.