カルディ

カルディではあまり見ないコスタリカ産のコーヒー豆 「カルディコーヒー サンチュリオプロジェクト コスタリカ」の感想

更新日:

今回の記事ではカルディーコーヒーファームが発売している「サントゥアリオプロジェクト コスタリカ」の感想を紹介。

カルディコーヒーでは「コーヒーの旅」というプロジェクトを行なっているようで、今回のコスタリカのコーヒー豆は第7弾。低価格帯が多いカルディコーヒーの中でも高価格帯に入るコーヒー。

公式情報 

名称:サンクチュアリオプロジェクト コスタリカ
生産国:コスタリカ共和国

良質な産地として名高いタラス地区、トレス・ミラグロス農園。
チェリー、オレンジ、ストロベリー。
多様で鮮やかな果実の酸味あふれるコーヒーです。

ちなみに、サンクチュアリオ(Santuario)は、英語でサンクチュアリ、日本語で「聖域」という意味。
ラテンアメリカでは地名や駅名としても使われている。

コスタリカについてはこちらでも紹介しているので、ぜひ。

コーヒーの産地を見てみよう コスタリカ編

コーヒーの旅シリーズ


カルディコーヒーファームでは2017年より「コーヒーの旅」シリーズを発売している。

2017年10月発売の第1弾「エチオピア カッファ」から始まり、ブラジル、ニカラグア、ジャバ、コンゴ、ケニアなど様々な国のシングルオリジンコーヒーを発売している。そして、今回紹介するコスタリカ産のコーヒーで第7弾となる。

世界中のコーヒーを日本全国どこでも購入し飲むことができる、というのが全国に店舗があるカルディの強みだと思う。

感想


苦味:2 out of 5 stars
酸味:4 out of 5 stars
コク:1 out of 5 stars

抽出方法:ペーパーフィルター、コーヒープレス

浅煎りのコーヒー豆の色やコスタリカ産であることから想像がつくように、非常にさっぱりとしたコーヒー。重さやコクがほとんどなく、レモンを思わせる柑橘系の風味を感じることができる。
苦いコーヒーや重めのコーヒーが苦手な方にはおすすめなコーヒーだが、逆に苦めなコーヒーが好きな方にはおすすめしない。

甘いものと一緒に飲みたい場合はレモンやオレンジのタルトといったさっぱりめのお菓子がおすすめ。

今回はペーパーフィルターとコーヒープレスそれぞれで飲んでみて、コーヒープレスだと若干ナッツ系の甘みを感じることができた。またコーヒープレスだと少しだけ重みやコクが増すので、タルトと合わせる場合はコーヒープレスの方がおすすめかな。
さっぱりめのコーヒーを楽しみたい方はぜひペーパーフィルターで。

まとめ

  • コーヒーの旅シリーズ第7弾はコスタリカのコーヒー
  • 非常にさっぱりとしていて重みやコクをほとんど持たない
  • コスタリカは地球幸福度ランキング1位常連

コーヒーの産地を見てみよう コスタリカ編

-カルディ
-, , ,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.