やなか珈琲

やなか珈琲 「モカ イルガチェフェ エチオピア」の感想

更新日:


今日の記事は、やなか珈琲から発売されている「モカ イルガチェフェ エチオピア」の感想。

やなか珈琲のコーヒー豆を取り上げるのは今回が初。
「焙煎後の鮮度にこだわるコーヒー専門店」を掲げているお店なので、非常に楽しみ。

イルガチェフェについて


イルガチェフェとはエチオピアのにある村の名前。アルファベットで書くと「Yirga Cheffe」。

シダモ地区にある村でコーヒーの生産がとにかく盛んで、コーヒー生まれの地であるエチオピアの中でも高い生産量を誇る地域。「シダモ」や「イルガチェフェ」とGoogle先生に聞くだけで、様々なお店のコーヒー豆が出てくるので、ぜひチャレンジしてみよう。

コーヒーの加工はナチュラル(乾燥式)が有名だが、今回のコーヒーはウォッシュド(水洗式)で加工されている。
感想は後ほど書くが、加工法が水洗式のためかさっぱりとした印象のコーヒーだった。
加工法についてはこちら。

コーヒーの実からコーヒー豆を取り出す 〜コーヒー豆の加工法について〜

上の写真はイルガチェフェ村でコーヒーを焙煎している様子。
僕たちが想像する機械を使った焙煎よりはかなりラフな印象だが、こういった焙煎の方が美味しそうに見えるのは僕だけだろうか。

公式情報

名称:モカ イルガチェフェ エチオピア
産地:シダモ地区・イルガチェフェ村
標高:1,800m - 2,000m
ロースト:シティロースト
品種:ティピカ系在来品種
精製:ウォッシュド
酸味:2 out of 3 stars (2 / 3)
苦味:1 out of 3 stars (1 / 3)
コク:2 out of 3 stars (2 / 3)
風味:3 out of 3 stars (3 / 3)

シティローストとは中深煎りのこと。この焙煎レベルくらいからコーヒーの酸味が減少していくイメージ。

感想


苦味:1 out of 5 stars
酸味:4 out of 5 stars
コク:2 out of 5 stars

抽出方法:台形フィルター
非常にフルーティーなコーヒー。オレンジやレモンのような柑橘系ではなく、若いブドウのような甘味と酸味を楽しむことができる。説明にあるようにすごくワインっぽい。

また、エチオピアのコーヒー独特のチョコレートのような甘い香りも感じることができ、チョコレートとワインを合わせたときのようなフレーバーになる。

苦味やコクはあまり持たないコーヒーなので、繊細でさっぱりとしたコーヒーが好きな方におすすめ。

総評:さっぱりなコーヒー好きは買い

まとめ

  • イルガチェフェは村の名前でコーヒーの生産が盛ん
  • シティローストは中深煎りのコーヒーのこと
  • フルーティーなコーヒーで、さっぱりめなコーヒーが好きな方は買い

エチオピアとコーヒーについてはこちら

コーヒーの産地を見てみよう エチオピア編

-やなか珈琲
-, , , ,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.