コーヒー器具

おすすめのコーヒー器具 スターバックスのソロフィルターがすごく便利で美味しい!

更新日:


 
皆さんは、スターバックスオリジナルのコーヒー器具「ソロフィルター」をご存知でしょうか?

先日スターバックスにコーヒー豆を買いに行った時にこの器具を発見し、興味本位で購入してみたのですが、この器具がかなり優秀!!

手軽に1人分の美味しいコーヒーを淹れられるすごく便利な器具だったので、この記事で紹介させていただきます!
お値段もそこまで高くないので、すごくオススメな器具ですよ!


 

ソロフィルターとは?

ソロフィルターはスターバックスから出ている透過式のコーヒー器具です。
金属式のフィルターでコーヒーを抽出するタイプの器具なので、ペーパーフィルターで抽出すると吸収されてしまうコーヒーオイルを楽しむことができます!

さらに、ソロフィルターの優れている点はお湯を注ぐヘッド部分がシャワー式になっている点で、ただお湯を注ぐだけで器具が均等にコーヒーの粉にお湯を注いでくれます!
そのため、特別な技術やドリップ用の器具を持たなくてもとても美味しいコーヒーを飲むことができます!

また、1杯分のコーヒーを手軽に抽出するのに適している器具なので、一人暮らしの方や会社などで使いたい方にオススメ!
ペーパーフィルターを使用しないためゴミが少なく、破損しなければずっと使い続けることのできる優秀な器具です!!
 

使い方

使い方はとても簡単で、たったの4ステップでコーヒーが抽出できます!

事前準備として、挽いたコーヒー豆10gを用意します。
コーヒー豆の挽き具合は「細挽き」で!
スターバックスで豆を購入した場合は「5番」という挽き具合で挽いてもらえばよいようです。

それではここから手順を書いていきます。
 

器具は粉を入れるフィルター部(左側)と、お湯を注ぐヘッド部(右側)に分かれています。

 

手順1:コーヒーの粉(10g)を入れる
フィルター部をコップの上にセットし、コーヒーの粉(10g)を入れます。
 


手順2:粉を蒸らす
30mlほどお湯を粉全体に注いで、30秒ほど待ちます。

これは説明書に書いていない手順ですが、味が大きく変わるのでオススメしている手順です。
写真ではドリップ用ポットを写していますが、普通のやかんやケトルからお湯を直接注いでもOKです!
 


手順3:ヘッド部をセットし、150mlのお湯を注ぐ
ヘッド部が勝手にコーヒーの粉全体にお湯を注いてくれるので、面倒なドリップは不要です!!
ちなみに、手順2を省いた場合は180mlのお湯を注いでください!
 


手順4:お湯が落ちきるまで待つ
お湯が落ち切れば、完成です!!

どうです?かなり簡単ではないでしょうか? 

ちなみに、コーヒー豆の量は10gが最適だなー、と使っていて感じました。
一度20gでチャレンジしたことがありますが、コーヒーの粉が厚くなりすぎてお湯が全く透過しなくなってしまい、全くコーヒーが落ちてこない。。。
あまりたくさんのコーヒーを抽出するには向いていない器具のようです。

お手入れ方法

手入れの方法もそれほど難しくありません。

まず抽出し終わったコーヒーの粉をゴミ箱に捨てます。
コーヒーの粉は流しに捨ててしまうと排水管のつまりの原因になるので注意しましょう!

コーヒーの粉を捨てたら食器用洗剤を使ってコーヒーオイルをしっかりと流します。
コーヒーオイルが固まってしまうと目が詰まってしまうので、こちらも注意しましょう。

また、強く洗いすぎてしまうと金属が破れてしまうので、そちらも注意してください。
以上でお手入れは終了。粉を捨てて中性洗剤で洗うだけなので、まったく難しいことはありません。
 

コーヒーの味は

ちょうどペーパーフィルターで抽出したコーヒーと、コーヒープレスで抽出したコーヒーの中間ののコーヒーになります。 
ペーパーフィルターよりコーヒーオイルの分だけ味がしっかりしていて、コーヒープレスよりしっかりしすぎていない、僕にとってはとてもちょうどよい味でした。

しっかりしすぎているコーヒーは苦手だけど、コーヒー豆からでるコーヒーオイルも楽しみたい!
といった方にオススメです!
 

普段使いのコーヒー器具に是非

簡単に本格的なコーヒーが抽出でき、手入れも簡単な「ソロフィルター」
毎日コーヒーを飲みたいけど、いちいちハンドドリップするのが面倒な方にとてもオススメです!

価格も3000円いかないくらいで半永久的に使える器具なのでこちらの面でもオススメです!

もし、興味を持っていただけたら、ぜひお試しいただければと思います!!
 

-コーヒー器具
-, , ,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.