コーヒーの知識

コーヒー豆の挽き具合について考える 〜器具に合わせた挽き具合を選ぶことが大事〜

更新日:


みなさんはコーヒーを淹れるときやコーヒー豆を買うときに、コーヒー豆の挽き具合について意識したことはありますか?
ほとんどの方はコーヒー豆を買うとき、お店の方に器具を伝えてその器具に適した挽き具合で挽いてもらっていると思います。

コーヒー豆の挽き具合は抽出するコーヒーの味に大きく影響してきます。
そこでこの記事では、コーヒー器具とその器具に適したコーヒー豆の挽き具合の関係について書いていきます。

自分が使っている器具と自分の好みの味を考え、その2つにぴったりの挽き具合がわかるようになれば、さらにコーヒーを楽しむことができますよ!

なぜ挽き具合が大事なのか

みなさんは、
「コーヒー豆ってなんで挽いて使うんだろ?」
と疑問に思ったことはありますか?

コーヒー豆を挽いて使う理由!
それはコーヒー豆に含まれる成分を抽出しやすくするためです。

「コーヒーを淹れる」という作業は、コーヒー豆に含まれる成分をお湯に抽出する作業です。
以前こちらの記事にも書きましたが、コーヒー豆は細かく挽けば挽くほど成分が抽出されやすくなります。

今更聞けない基礎知識! エスプレッソって何?

それでは、
「どんな器具でも細かく挽いて淹れれば、成分が抽出されやすくなって、短い時間で美味しいコーヒーが飲める!」
と考えるかもしれません。

しかし、コーヒーの抽出はもう少し複雑で、単純に細かく弾けば良い!というわけではありません。

確かに、コーヒー豆は細かく挽けば挽くほどコーヒー豆に含まれる美味しい苦みや酸味が抽出されやすくなります。
しかし、細かく挽けば挽くほど、抽出したくないえぐみや雑味まで抽出されやすくなってしまいます。

よって、時間をかけて抽出するコーヒープレスなどの器具に細かく挽いた豆を使用すると、雑味やえぐみが入り混じったかなり渋い味になってしまいます。

また、ペーパーフィルターを使用する際に細かく挽いた豆を使用すると、ペーパーフィルターの目に粉が詰まってしまい、お湯がうまく流れなくなります。
そうすると、お湯とコーヒー豆が接している時間が増えてしまい、こちらもえぐみが抽出されやすくなってしまいます。

そこで、コーヒーの抽出は使用する器具に適した挽き具合で挽くことが大事になってきます。

実際に挽き具合の違いを見てみる

上の写真は僕の家のグラインダーで挽き分けたコーヒー豆です。
左から、極細挽き、細挽き、中挽き、粗挽き、極粗挽きに挽いてあります。

粗挽きくらいになってくると、僕の古いiPhoneで撮った写真でもかなり違いがわかってくるのではと思います笑

ちなみに、グラインダーはこちらを使用しています。
かなりオススメのグラインダーですよ^ ^

デロンギのコーヒーグラインダー「デディカ KG521J」が素晴らしすぎて

器具ごとに適した挽き具合

それでは、器具ごとに適した挽き具合を見ていきましょう。

ペーパーフィルター


ペーパーフィルターは使用するドリッパーの形状で挽き具合が変わります。
ウェーブフィルターは中挽き、それ以外のフィルターは中挽きから中細挽きで挽いた豆を使用するのが一般的です。

あとは、味の好みと相談して、濃いめが好きであれば細かめに、さっぱりめが好きであれば粗めに挽いた豆を用意すれば好みの味に仕上がります
ただし、ペーパーフィルターの目に詰まるほど細かく挽きすぎると、お湯がフィルターに止まる時間が長くなり、えぐみが抽出されてしまうので注意が必要です。

コーヒープレス


コーヒープレスは粗挽きで挽いた豆を使用します。
時間をかけてお湯にコーヒー豆の成分を移動させて抽出する方法なので、細かく挽いてしまうとえぐみがたくさん抽出されてしまいます。

パーコレーター

パーコレーターもコーヒープレス同様粗挽きの豆を使用します。
こちらもある程度時間をかけて煮出す方法なので、細かく挽いてしまうとえぐみがでてきます。

また細かく挽くと、注ぐ時にフィルターを通り抜けた細かいコーヒー豆がコップに入ってしまうので、オススメできません。

サイフォン(ネル使用)


ネルを使用したサイフォンは中細挽きから中挽きの豆を使用するのがお勧めです。
抽出時間と挽き具合を調整し、どうすれば自分が最も好きな味で淹れることができるかを探して頂ければと思います。

ソロフィルター(金属フィルター)


以前、記事で紹介したスターバックスで販売しているソロフィルターは中細挽きを使用しましょう。

スターバックスでコーヒー豆を買うときは5番という番号で挽いてくれるようです。
短時間で抽出する器具なので、細かめに挽くみたいです。

おすすめのコーヒー器具 スターバックスのソロフィルターがすごく便利で美味しい!

ネルドリップ

ネルを使用して淹れる場合は中挽きから粗挽きの豆を使用しましょう。
こちらも淹れ方と挽き具合を調整し、どうすれば自分が好きな味を淹れることができるかを追い求めていきましょう。

エスプレッソマシン


エスプレッソマシンを使用する場合は極細挽きの豆を使用しましょう。
コーヒー豆の成分を蒸気と圧力を使用して、短時間で一気に抽出流する方式なので、細かめに挽きます。

詳しくはこちらの記事に書いているので、ご参考にしていただければと思います。

今更聞けない基礎知識! エスプレッソって何?

まとめ

今回の記事ではコーヒー豆の挽き具合と抽出器具との関係について書きましたがいかがでしたでしょうか。

豆をどの挽き具合を挽くか、はコーヒーの味に大きく影響してきます。
ぜひ自分の使用する器具とコーヒー豆の挽き具合との関係を大体でよいので理解していただければ、きっと自分の好みにあったコーヒーが抽出できるようになりますよ!!

-コーヒーの知識
-, ,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.