コーヒーと化学

コーヒーの成分を解析してみよう 〜キナ酸〜

更新日:


コーヒーは非常に複雑な味を持っている。
ひたすら苦いコーヒーや、酸味のあるコーヒー、さらにはフルーツや紅茶を感じるコーヒーまであるからとても不思議な飲み物だ。

そんなコーヒーにはいったいどんな成分が含まれるのか、不思議に思ったことはないだろうか?
「全然思わない」という声も聞こえてきそうだが、せっかく調べたのでちょっとだけでも見ていってほしいな。

ということで、このシリーズではコーヒーに含まれる成分を紹介していこうと思う。
今回の記事は「キナ酸」について。

ジントニックはお好きですか?

キナの木
いきなりタイトルがぶっ飛びすぎてついていけないかもしれないが、がんばって繋げるので読み進めてほしい。

コーヒーの酸味成分の1つ「キナ酸」。
これは、南アメリカ原産のキナの木から発見された成分で、コーヒー豆以外にもクランベリーやグレープフルーツにも含まれている。

キナの木はキニーネが取れる木として有名で、キニーネといえば抗マラリア薬の原材料としても有名。
そして、マラリア防止のために飲まれるようになったキニーネ入りのドリンクがトニックウォーター。
トニックウォーターといえばジントニック。
なんとか繋がった気がする。

ただし、キニーネはコーヒーには含まれていない。
コーヒーに含まれているのはあくまでキナ酸。
実は全然繋がってなかったりする。
ごめんなさい。

要は「コーヒーの酸味成分の一つはキナ酸」が伝わればそれでよいのだ。

コーヒーとキナ酸


コーヒーの生豆にはもともとキナ酸が含まれているが、焙煎することによりクロロゲン酸が分解されキナ酸はさらに増えていく。
その後、焙煎を続けると酸の熱分解が始まり、キナ酸を含めた酸類が減少し、コーヒーの酸味は減っていく。
浅煎り〜中煎りのコーヒーの方が酸味を持つことが多いのはこのためである。

ちなみに温度が下がるにつれ酸味を感じやすくなるのは、このキナ酸が少し関係している。
詳細な説明は難しいので書かないが、ざっくり言うとコーヒーの温度変化とともにキナ酸の一部も変化していき、酸味を感じやすい構造になっていくため。

キナ酸の効果

試験管
キナ酸の主な効果は「尿路感染症の予防」。

キナ酸は体内で馬尿酸という成分に変わり尿路中の細菌の付着や繁殖を防いでくれる。
そのため、尿道炎、膀胱炎などの尿路感染症の予防に効果を発揮する。
また、尿路結石もある程度防いでくれるらしい。

ただし、個人的にはそれらを予防したい場合はコーヒーよりクランベリージュースをおすすめしたい。
コーヒーを毎日飲み続けるのもつらいしね。
ちなみにクランベリージュースを飲む場合は果汁50%以上の医療目的のジュースがよいらしい。

まとめ

今回の記事ではコーヒーに含まれる酸味成分の1つ「キナ酸」について書いてみたがいかがだっただろうか。

キナ酸はあくまでコーヒーの酸味成分の1つなので、単体で飲んでもコーヒーを連想するのは難しいらしい。
その他の成分も少しずつ紹介していければと思う。

-コーヒーと化学
-,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.