コーヒーと健康

コーヒーに含まれるカフェインの量を考えてみた

更新日:


コーヒーの主要な成分の一つ「カフェイン」。興奮作用や集中力を上げる作用がある反面、中毒性や体への影響が気になる方も多いのではないでしょうか。
今回の記事ではコーヒーとカフェインの関係について僕が調べた内容を書いていきたいと思います。

カフェインとは


カフェインはコーヒー以外にも、お茶やチョコレートなどにも含まれるアルカロイド(植物塩基)で、メチル化キサンチンとも呼ばれます。
知らない方も多いのですが、実はカフェインは錠剤としても販売していて、ドラッグストアや楽天などで購入することもできます。 しかも意外と安い笑。

注意事項ですが、カフェインは非常に危険な物質です。過剰摂取による死亡事故も現実に発生しています。こちらの商品の購入と服用はご自身の判断と責任でお願いします。

そんなカフェインは皆さんご存知の通り精神活性作用をもちます。
感覚を鋭敏にし、気分を高揚させる、さらには、力が出る、敏捷さが増す、頭の回転が速くなる、など様々なポジティブな作用をもちますが、もちろんネガティブな作用ももちます。

カフェインを多量に摂取することにより、強い不安感や不快な心理反応が起きる人もいますし、何より怖いのがカフェインの離脱作用です。
カフェインを普段から摂取している人がカフェインを数日間摂取しないと、頭痛や筋肉痛、疲労感や倦怠感などが現れることが多いようです。これは皆さん経験的にご存知なのではないでしょうか。

コーヒーに含まれるカフェイン量を考える


前章でも書きましたが、カフェインはコーヒー以外の飲食物にも含まれていますが、カフェインと聞いて真っ先に思い浮かべるのはコーヒーではないでしょうか。

ちなみにコーヒーの苦さはカフェインによるもの、と考えている方もいるようですがこれは実は間違っています。
確かにカフェインは苦味を持つ物質ですが、ディカフェコーヒーも苦味を持つように、コーヒーの苦味はカフェインのみで構成されているわけではありません。

コーヒーにはクロロゲン酸やカフェー酸など、カフェイン以外の苦味を持つ物質も多く含まれており、これらの苦味が絶妙に調和してコーヒーの苦味を作っています。

この章では、そんなカフェインの代表的な摂取方法であるコーヒーと、そこに含まれるカフェイン量との関係ついて考えていきたいと思います。

飲んだコーヒーの量ではなく使用した豆の量が大事


コーヒーに含まれるカフェイン量を調べると、カップ1杯あたり〜mgと書かれていることが多いことに気がつきます。
これは、カフェイン量をわかりやすくするためにカップ1杯という単位を用いていると思うのですが、果たして正確なのでしょうか。

コーヒーに含まれるカフェインは全てコーヒー豆に含まれるカフェインが溶け出したものです。
つまり、コーヒーのカフェイン量を測る場合は、「コーヒーをどのくらい飲んだか」ではなく、「どのくらいのコーヒー豆を使用したコーヒーを飲んだか」で測るのが正確な表現です。
つまりコーヒー150mlを飲んだ際、コーヒーの量150mlという数字からカフェイン量を求めるのではなく、その150mlを淹れるためにどのくらいのコーヒー豆を使用したか、からカフェイン量を求める必要があります。

コーヒー豆の種類によってカフェイン量は異なる

それでは、コーヒー豆とそのカフェイン量の関係を考えていきたいと思います。
コーヒー豆とカフェイン量を考える際、まずコーヒー豆の種類によってカフェイン含有量が違うことを考える必要があります。

コーヒー豆は大別するとアラビカ種とカネフォラ種(ロブスタ種)の2種類あり、アラビカ種はカフェイン含有量が約1%、ロブスタ種のカフェイン含有量は約2%です。
最近はロブスタ種を使うお店を見かけることがほとんどなくなってきたので、この記事ではアラビカ種について計算していきます。
 

実際にカフェイン量を計算してみる 


それでは、実際にコーヒーに含まれるカフェイン量を計算してみます。

まず、この記事ではカップ一杯(150ml)のコーヒーに10gのコーヒー豆を使用すると定義します。
アラビカ種のコーヒー豆には約1%のカフェインが含まれているので、コーヒー豆10gには約100mgのカフェインが含まれます。
実際にコーヒーを抽出した際、これら全てのカフェインがコーヒーに抽出されるわけではないので、約60%〜80%のカフェインが溶け出すと考えると、10gの豆を使用したコーヒーには約60〜80mgのカフェインが含まれていることになります。

そこで、10gのコーヒー豆を使ったカップ一杯のコーヒーには約60mg〜80mgのカフェインが含まれる、とおおよそですが計算することができます。

ただし、カップ一杯のコーヒーを淹れる際に10g以上の豆を使う場合、もちろん含まれるカフェイン量も変わってきます。
また、カフェインの量は以下も考慮する必要があるため、あくまで上で求めた含有量は目安だと思ってください。

  • カフェインはコーヒー豆毎に個体差があり、カフェイン含有量も若干異なる
  • 焙煎を深める(深煎り)になるほどカフェイン量は減っていく(気化するため)
  • 器具(ペーパー, 金属 etc...)によりコーヒーに溶け出すカフェイン量は異なる

それでは、このカップ一杯に含まれるカフェイン量60mg〜80mgは果たして多いのか少ないのか、エナジードリンクに含まれるカフェイン量と比較して見たいと思います。

主要なエナジードリンクのカフェイン量


現在僕がメジャーだと思うエナジードリンク「レッドブル」と「モンスター」、それと栄養ドリンク「リポビタンD」のカフェイン量は以下の通りです。

  • レッドブル(250ml):約75mg
  • モンスター(355ml):約128mg
  • リポビタンD(100ml):約50mg
  • コーヒー(300ml):約140〜150mg

こうして並べてみるとコーヒーのカフェイン量がやや多いな、ということがわかります。
ちなみに、コーヒーの量を300mlとしたのは、コンビニコーヒーやカフェのコーヒーは大体このくらいの量を標準サイズとして販売していることが多いからです。

まとめ


この記事ではコーヒーに含まれるカフェインの量の求め方を書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。
時間があれば別の記事で、カフェインと健康について書いてみたいのですが、カフェインが人体に及ぼす影響は個人差が大きく関わってくること、またカフェイン自体がまだ研究中の成分ということから簡単に記事にすることは難しそうです。

ただ、摂取しすぎると健康に影響を及ぼすのはどんな成分でも言えることです。
無闇にカフェインを避けるのではなく、どのくらい摂取するとどのような影響が精神や身体に起きるのかを、自身がしっかりと把握することが大事かと思います。

上手に使えばポジティブな効果を持つカフェイン、ぜひ上手に付き合う方法を見つけ、素敵なコーヒーライフを送っていただければと思います。

-コーヒーと健康
-, , ,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.