スターバックス

美味しいコーヒーを求めて! スターバックス®︎ シングル オリジン シリーズ 「サンドライド エチオピア シダモ」の感想

更新日:


今日の記事はスターバックスから発売されたシングルオリジンシリーズ「サンドライド エチオピア シダモ」の感想。

スターバックスでは珍しいサンドライド(乾燥式)のコーヒーで、しかも産地は個性豊かなコーヒーで有名なエチオピア。
期待がとにかく高まる。

サンドライド(乾燥式)について

まずはこのコーヒーの最大の特徴ともいえるサンドライドについて。

「サンドライド」とはコーヒーの生豆の加工方法の名称で、日本だと「乾燥式」と呼ばれることも多い。そもそも加工法とは「どうやってコーヒーの生豆を取り出すか」の方法のこと。

コーヒー豆は下の画像のようにコーヒーチェリーと呼ばれるさくらんぼのような実の中に入っている。その実一つひとつからコーヒー豆を取り出していては日が暮れてしまうので、どうやって取り出すかを人間は考えた。

その方法の一つが「乾燥式」で、コーヒーチェリーを天日干しにして乾燥させて、カラカラになった実と殻を一気に割ってコーヒー豆を取り出す方法だ。
下の画像がコーヒーチェリーを天日干しにしている様子。

加工法(精製法)についてはこちらの記事で詳しく書いているので、よかったらぜひ。

コーヒーの実からコーヒー豆を取り出す 〜コーヒー豆の加工法について〜

公式情報

名称:スターバックス® シングルオリジンシリーズ サンドライド エチオピア シダモ
生産地:アフリカ
加工法:乾燥式
ロースト:ダークロースト(深煎り)
酸味:LOW
コク:FULL
キーワード:Black Cherry & Dark Chocolate Notes(ブラックチェリーとダークチョコレートを思わせる風味)
相性のよいフレーバー:ベリー類 チョコレート

ちなみに、「シダモ」はエチオピアの都市の名前。
エチオピアの内陸の都市で、南スーダンとの国境に近い。

エチオピアとコーヒーについてはこちら

コーヒーの産地を見てみよう エチオピア編

シングルオリジンとは


そもそも、シングルオリジン(Single Origin)とは、コーヒーを「エチオピア」や「コロンビア」などの生産国という大きなカテゴリーではなく、農場や生産者などの小さな単位で一つの銘柄としたコーヒーのこと。

お米で言うと「JAPAN」というお米ではなく、「Akita Komachi」やら「KOSHIHIKARI」みたいな感じを想像してもらえればそこまで間違ってないはず。

それではスターバックスのシングルオリジンシリーズとは何か。スターバックスのHPでは以下のように定義している。

どこから来たのだろう。
誰に、どんな風に育てられたのだろう。
そんな風に、その土地ならではのコーヒーを味わいながら、
遠く離れた生産地を感じることができるシリーズです

申し訳ないが、ちょっとよくわからない。

要するに、こだわった生産地の豆だから楽しんで、みたいなことを言いたいのだと思う。
あいかわらずおしゃれな企業でござる。

感想


苦味:4 out of 5 stars
酸味:2 out of 5 stars
コク:5 out of 5 stars

抽出方法:コーヒープレス
非常に苦味とコクが強く、かなり重めのコーヒー。朝や夜に飲むのはちょっとおすすめできない。
お昼やおやつどきに飲むとちょうどよいかもしれない。

苦味の中に乾燥式の特徴「果実感」をしっかりと感じることができるのが大きな特徴。
レーズンとかプルーンとかを思わせるドライフルーツの風味がかなり個性的で、個人的には非常に好き。

今回はコーヒープレスで抽出したのだが、そのためかコーヒーの温度が落ち着いてくるとほんのりと甘みを感じることができた。
この甘みも乾燥したフルーツを思わせる甘みなので、ますます個性を感じた。

総評:好き嫌いがはっきり分かれそうだが、個人的には好き

まとめ

  • 「サンドライド エチオピア シダモ」はとても個性的なコーヒー
  • シングルオリジンとは小さい範囲で生産したコーヒーを指す
  • 総評:好き嫌いがわかれそうだが、個人的には好き

-スターバックス
-, , , , ,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.