コーヒーの本

コーヒーに関する本の感想 「コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか」

更新日:


職業柄、コーヒーに関する情報を集めることが多い僕の家には多くのコーヒー参考書が積まれている。
コーヒーについて書かれた本は中古でも高価な本が多く、できればはずれな本を引きたくないという方も多いはず。

そこで、この記事ではこれまで僕が購入してきたコーヒーの本についての感想を書いていこうと思う。
最近コーヒーに興味を持ち始めた方や、購入に迷っている方の参考になれば嬉しいなと。

今回は第1回目として『コーヒーの科学「おいしさ」はどこで生まれるのか』について。
内容がかなりマニアックなので、コーヒーオタクになりたい方にはぴったりの1冊。

概要

こちらの本は初版が2016年の本だが、いまだに勉強になる情報で溢れている本。
コーヒーの本のほとんどは加工法やコーヒーの種類をざっくりと書き、あとはコーヒーのレシピや抽出の図説に力を入れているが、この本はかなり科学的にコーヒーについて説明してくれている。
正直マニアックすぎて興味がない人には全く興味がないのでは、と思う内容だが、僕はかなりマニアックよりな人間だったので非常に興味深く読ませていただいた。

内容紹介

コーヒーってなんだろう?


まずは序章から。

この章ではコーヒー豆の構造や加工法など、基本的な知識について説明している。
少ないページ数の中に加工法やコーヒーという植物についてきちんと網羅してくれており、とても読みやすく勉強になる内容になっている。

つかみはばっちり。

コーヒーノキとコーヒー豆


この章はコーヒーという植物について。
コーヒーという植物の代表的な品種や栽培品種、生まれ故郷などについてかなり詳しく書いてくれている。

コーヒーという植物や、代表的な品種(ブルボン種やティピカ種など)についてあっさりと書いている本を見かけることはあるが、この本はそれら他の本に比べてかなりマニアックな内容にまで踏み込んでくれている。
「なぜコーヒーがカフェインを作るのか」といった疑問から「コーヒーノキの染色体数」まで掘り下げてくれている本は、正直ほとんど見たことがない。

コーヒーの歴史


この章はタイトル通りコーヒーの歴史について。

この本ではコーヒーの歴史の時系列順の紹介はさび病のパンデミックまでで止められている。
その後のセカンドウェーブやサードウェーブといった現代に近い歴史については抽出の技術の歴史、として簡単に触れられている程度。
たぶん筆者的にその辺はほとんど興味がないんだろうと推測。

コーヒーの歴史を時系列順に現代のセカンドウェーブやサードウェーブまで学びたい、みたいな方には少々物足りないボリュームかと。
この本のタイトルは「コーヒーの科学」なので、歴史に関してはこのくらいがちょうどいいのかもしれない。

コーヒーの「おいしさ」


この章ではコーヒーの「おいしさ」について科学的に解説してくれている。

コーヒーの本の多くは、コーヒーを使用したドリンクのレシピを載せることで、コーヒーの味について触れていることが多いが、この本の「おいしさ」についての切り口はかなり変わっている。

まずは味言葉(味を表現する定義された言葉)についての説明から入り、人間の味覚の生理学について解説し、コーヒーのおいしさについてかなりの深さまで掘り下げて説明してくれいる。

  • 唾液の働きとコクやキレとの関係
  • 苦味とおいしさとの矛盾について
  • 香りとおいしさの関係

などここでもかなりマニアックな内容が書かれていて、次の章「おいしさを生み出すコーヒーの成分」へのキラーパスを飛ばしている。

おいしさを生み出すコーヒーの成分


この章では前の章で考察したコーヒーのおいしさについて、さらに踏み込んでいく。

もはやほとんどのコーヒーの本では踏み込まない領域、味をつくりだす成分の化学式まで出てくる。
僕にとってはかなり嬉しい内容で、今まで疑問だった「カフェインレスコーヒーはなぜ苦いのか?」や「コーヒーの酸味はどんな成分が関わっているのか?」といった内容までしっかりと教えてくれている。

個人的に一番面白かった章がこの章

焙煎の科学


この章ではタイトル通り焙煎の科学に書かれています。

家での焙煎はしていない僕はこの章は流し読みしてしまったが、「家庭内での焙煎のやり方」から「焙煎によるコーヒー豆内の成分の変化」さらには「焙煎器具の仕組み」までかなり詳しく教えてくれるよう。

コーヒーの抽出


この章もタイトル通りコーヒーの抽出について触れている。

この本はカラーではなく写真もそれほど載せているわけではないため、コーヒーの抽出方法を視覚的に学ぶには正直不向き。

しかし、この本のおもしろいところは、抽出についてもかなり科学的に説明してくれている点。
「コーヒー豆からお湯への成分の移り方」を器具ごとにグラフなどを交えて説明してくれているので、コーヒーの淹れ方を頭で理解するには最適の本。

youtubeなどでコーヒーの淹れ方をなんとなく覚えた方は、ぜひこの内容を読みふけって抽出についての理解を深めれば楽しいと思う。

コーヒーと健康


この章も実は流し読んだだけだが、「カフェインがどのように体に働きかけるか」や「コーヒーとがんについて」などの切り口からコーヒーと健康について書かれている。

個人的にあまり興味がない内容だったので流し読んだが、カフェインが苦手な方やコーヒーを大量に摂取している方には見る価値のある内容かと。

まとめ

  • コーヒーを科学的に理解したい方には理想的な一冊
  • 逆にアレンジコーヒーやラテアートに興味のある方にはむかない
  • とにかくマニアック

-コーヒーの本
-, ,

Copyright© 趣味のあれこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.